三軒屋 サンゲンヤ 

前のページへ戻る

史跡

指定区分・種別村-指定-史跡
内容交通・通信施設
指定年月日昭和 47/10/14
時代区分江戸時代
年代1686年(貞享3)
作者 
所在地南佐久郡南牧村平沢矢出原
寸法・材質・形状 
概要解説江戸時代はじめ、現在の野辺山地区の一部が開墾された。しかし、寒さが厳しかったため作物が実らず、土地は荒れていた。また、冬には人馬が凍死するような場所だったため、甲府藩主徳川家宣が貞享3年(1686)に1軒につき2人分の扶持米を与え、板橋村から2軒、平沢村から1軒を移住させ、茶屋を3軒建てさせた。茶屋は明治4年(1871)まで続けられ、その間には2度の火事があり、その度幕府により再建された。現在では3軒の井戸跡のみ残っている。
交通案内JR小海線野辺山駅から徒歩20分・車で5分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る