矢出川遺跡 ヤデガワイセキ 

前のページへ戻る

史跡

指定区分・種別国-指定-史跡
内容集落跡
指定年月日平成 07/02/13
時代区分先土器時代
年代旧石器時代後期
作者
所在地南佐久郡南牧村野辺山二ツ山396-8
寸法・材質・形状
概要解説八ケ岳東南麓、標高1,300メートル、約1万4000年前の後期旧石器時代最終末の遺跡。細石器文化を最初に立証、集団の生業や領域・集団相互の関係を明らかにしている。
交通案内JR小海線野辺山駅から徒歩30分・車で7~8分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る