高田城三重櫓 タカダジョウサンジュウヤグラ

前のページへ戻る

歴史博物館 1993開館

1614年(慶長19)に築城され、1870年(明治3)に火災のため焼失した高田城のシンボル的存在であった三重の櫓を、上越市発足20周年記念事業として、1993年(平成5)に建設。規模は、稲葉正通時代の「高田城図間尺」にある数値とほぼ同様で、外観は松平光長時代の「本丸御殿絵図」を参考とした。1、2階の展示室では高田城などに関連する展示を行い、3階は展望室になっている。

八十二文化財団の提携文化施設
割引内容: 団体割引料金
※八十二文化財団友の会会員の方は上記の割引が受けられます。
[八十二文化財団「友の会」入会のご案内]

新潟県上越市本城町6-1地図
TEL.025-526-5915
http://www.city.joetsu.niigata.jp/


開館時間9:00~17:00、9:00~21:00(観桜会期間)
入館料一般300円、小・中・高校生150円、20人以上団体割引あり(一般150円、小・中・高校生70円) 
休館日月曜日(休日の場合は翌日)、休日の翌日、年末年始(12月29日~1月3日)、冬期臨時休館あり、観桜会期間及び夏休み期間(7月24日~8月31日)は無休
主な収蔵品高田城図間尺、高田城略年譜、古文書などの高田城に関する資料、鯱、甲冑、陶器、陣笠など
附属施設
収容人員
交通案内上信越自動車道上越高田ICから車で15分、えちごトキめき鉄道高田駅から徒歩30分
駐車場452台(無料)

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る