小林古径邸 コバヤシコケイテイ

前のページへ戻る

歴史博物館 美術館 2001開館

上越市出身の日本画の巨匠・小林古径の住居であった本邸と画室、庭園からなる。本邸は、文化勲章を受章した吉田五十八の設計による木造2階建て数寄屋造りの住宅で、築後約60年を経て解体されたが、上越市がその解体部材を購入し、高田公園内に移築・復原した。本邸・画室においても、小林古径記念美術館が所蔵する作品・資料を展示している。2005年(平成17)4月に国登録有形文化財となった。

八十二文化財団の提携文化施設
割引内容: 団体割引料金
※八十二文化財団友の会会員の方は上記の割引が受けられます。
[八十二文化財団「友の会」入会のご案内]

新潟県上越市本城町7-1(高田公園内)地図
TEL.025-525-2429
http://www.city.joetsu.niigata.jp/site/kokei/

開館時間9:00~17:00、10:00~16:00(12~3月)
入館料共通券[上越市立総合博物館、小林古径記念美術館、小林古径邸]:一般(大学生以上)400円、小・中・高校生200円、上越市内の学校に通う小・中学生は無料
休館日月曜日(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日、年末年始(12月29日~1月3日)、冬期(1月中旬~2月末)
主な収蔵品
附属施設画室、管理棟
収容人員画室40人
交通案内JR高田駅から車で5分、上信越自動車道上越高田ICから車で10分、北陸自動車道上越ICから車で15分
駐車場普通25台(無料)

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る