日本スキー発祥記念館 ニホンスキーハッショウキネンカン

前のページへ戻る

歴史博物館 1992開館

上越市は、1911年(明治44)に当時のオーストリア・ハンガリー帝国の軍人レルヒ少佐によって初めてスキー術が伝えられた日本スキー発祥の地。オーストリアの建築物をイメージして建てられた記念館には、日本のスキーの歴史やレルヒ関係資料が展示されている。

八十二文化財団の提携文化施設
割引内容: 団体割引料金
※八十二文化財団友の会会員の方は上記の割引が受けられます。
[八十二文化財団「友の会」入会のご案内]

新潟県上越市大貫2丁目18-37地図
TEL.025-523-3766
http://www.city.joetsu.niigata.jp/

開館時間9:00~17:00、10:00~16:00(11~3月の平日)
入館料一般(大学生以上)450円、小・中・高校生150円、20人以上団体割引あり(一般300円、小・中・高校生90円) 
休館日月曜日(休日の場合は翌日)、休日の翌日、年末年始(12月29日~1月3日)
主な収蔵品スキー板、ストック、靴、ワックス、スキーの製作道具、各種スキー大会のメダル・賞状、レルヒ少佐の愛用品、水彩画
附属施設
収容人員
交通案内えちごトキめき鉄道高田駅から車で10分、上信越自動車道上越高田ICから車で5分
駐車場40台(金谷山駐車場、無料)

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る