登内時計記念博物館 トノウチトケイキネンハクブツカン

前のページへ戻る

歴史博物館 1998開館

18世紀から19世紀のヨーロッパを中心とした機械式の時計約300点を動態展示。置時計、掛時計、からくり時計、グランドファーザークロック、和時計のほか、機械時計の粋を集めて作られたスイス・ブレゲ社の珍しい時計も展示する。時計の歴史や仕組を紹介する「ミニシアター」や「時計の実験工房」も併設。2002年にはカリヨン塔が建設され長野県や伊那市の歌の鐘の音が楽しめる。周囲の森林内には日本シャクナゲ約1,500本が植えられ4月下旬から5月下旬が見頃。

八十二文化財団の提携文化施設
割引内容: 団体割引料金
※八十二文化財団友の会会員の方は上記の割引が受けられます。
[八十二文化財団「友の会」入会のご案内]

伊那市西箕輪1938-88地図
TEL.0265-72-2500
http://clock.rubycon.co.jp/

開館時間10:00~17:00(入館は16:30まで)
入館料一般(大学生以上)500円、高校生250円、小・中学生100円、身体障害者200円、20人以上団体割引あり(一般450円、高校生200円、小・中学生50円)
休館日火・水曜日(祝日の場合は翌日)、冬期(12月1日~2月28日)
主な収蔵品置時計、掛時計、からくり時計、グランドファーザー・クロック、和時計等300点
附属施設登内記念公園
収容人員
交通案内中央自動車道伊那ICから車で8分、伊北ICから車で10分
駐車場30台(無料)

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る