梅野記念絵画館・ふれあい館 ウメノキネンカイガカンフレアイカン

前のページへ戻る

美術館 1998開館

明治期の天才画家青木繁のデッサン・資料を随時展示。初代館長梅野隆が蒐集した「才ありながら不遇に果てた画家たち」の作品を多数収蔵。「私の愛する一点展」を毎年開催。ホールからの浅間連山の眺望は必見。又、100年前のアメリカ製自動演奏機「オーケストリオン」は当館の名物である。

八十二文化財団の提携文化施設
割引内容: 団体割引料金
※八十二文化財団友の会会員の方は上記の割引が受けられます。
[八十二文化財団「友の会」入会のご案内]

東御市八重原935-1地図
TEL.0268-61-6161
http://www.umenokinen.com/

開館時間9:00~17:00(入館は16:30まで)
入館料一般(高校生以上)600円、特別展:一般(高校生以上)800円、身障者割引・学校利用減免制度あり、15人以上団体割引あり 
休館日月曜日(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日、年末年始、展示替え期間
主な収蔵品青木繁の水彩画「竪琴をもてる女」、「競秀峰」「羅漢寺」などの油彩画、「妙義画稿」などのスケッチ素描50点余、菅野圭介「ハイデルベルク(哲学の橋)」ほか油彩40点余、伊藤久三郎「Atlas」ほか、今西中通の風景画ほか、相吉沢久の油彩画、中村忠二のモノタイプ、飯野農夫也の木版画、荘司喜和子の日本画、信州ゆかりの画家(山本鼎、林倭衛、中村直人ほか)など。
附属施設ホール(コンサート・イベント等利用可)、喫茶室
収容人員ホール100席
交通案内しなの鉄道田中駅から車で10分、上信越自動車道東部湯の丸ICから車で15分
駐車場30台(無料)

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る