川中島合戦記念館(典厩寺) カワナカジマガッセンキネンカン テンキュウジ

前のページへ戻る

歴史博物館 1966開館

創建当時(1500年頃)は鶴巣寺と称していた。1561年(永禄4)川中島合戦のとき、武田典厩信繁公(武田信玄の弟)はこの寺を典厩本陣として出陣したが、激戦で惜しくも37歳で討死したので、この寺に埋葬されて菩提を弔っている。その後、初代松代藩主真田信之公(真田幸村の兄)がかつて武田の重臣であったところから、典厩信繁公の菩提を弔うためその名前をとって典厩寺と改め、真田家の武家寺として発展し、その歴史を伝えている。

長野市篠ノ井杵淵1000地図
TEL.026-292-3335

開館時間8:30~17:00
入館料拝観料:一般(高校生以上)200円、小・中学生150円、20人以上団体割引あり
休館日年末年始
主な収蔵品武田典厩信繁画像、武田信玄画像、山本勘助画像、武田家家系図、甲陽軍艦、火縄銃、鶴卵の杯、鎧の下着、戦況地図、真田幸貫画像、川中島合戦関係資料
附属施設武田典厩信繁公の墓、真田信繁の五輪供養塔(真田幸村の本名は真田信繁といい、父昌幸は武田信繁の知性・名将に心酔して命名したという)、武田・上杉両雄一騎打ちの碑、日本一大きい閻魔大王像
収容人員
交通案内JR長野駅からアルピコバス古戦場経由松代高校行「水沢典厩寺」下車徒歩8分。上信越自動車道長野ICから車で3分
駐車場有・大型バスは3台まで可(無料)

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る