重要文化財 旧開智学校校舎 キュウカイチガッコウコウシャ

前のページへ戻る

歴史博物館 1965開館

1876年(明治9)に新築されてからおよそ90年間、学校の校舎として使われてきた建物。明治初期ならではの「擬洋風建築」で、1961年(昭和36)に重要文化財に指定された。1965年(昭和40)に博物館として生まれ変わり、教育や建築に関わる資料を公開している。

八十二文化財団の提携文化施設
割引内容: 団体割引料金
※八十二文化財団友の会会員の方は上記の割引が受けられます。
[八十二文化財団「友の会」入会のご案内]

松本市開智2-4-12地図
TEL.0263-32-5725
http://www.matsu-haku.com

開館時間9:00~17:00(入館は16:30まで)
入館料一般(高校生以上)300円、小・中学生150円、20人以上団体割引あり
休館日第3月曜日(3~11月:祝日の場合は翌日)、月曜日(12~2月:祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)
主な収蔵品明治初期の学校創設期資料、明治から現代までの教科書、明治時代の机、石盤、生徒作品、日誌、立石清重関係資料、開智学校建築に関する資料
附属施設
収容人員
交通案内JR松本駅から北市内線バス「蟻ヶ崎高校前」下車徒歩5分または北コース周遊バス(タウンスニーカー)「旧開智学校」下車徒歩1分、長野自動車道松本ICから車で15分
駐車場20台(無料)

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る